農業への転職

農業への転職

近年政府は攻めの農業政策というのを打ち出しています。
輸入一辺倒で関税障壁が常にやりだまにあがっている農業を輸出できるくらいまで活性化させたいというもの。
食料の自給は国家の安全にも大きく関わる問題です。
そんな農業で常に問題になっているのが人不足。
三ちゃん農業といわれた時代も過去のものとなり、廃業が後を絶ちません。
真面目で忍耐強い人ならば農業への転職もこれからの時代は選択肢の一つです。
土地がないと話にならないと思われるかもしれませんが、これからの新しい農業は会社形態できちんと週休がとれるものに移行していくはずです。
農業のサラリーマン化といえばいいのでしょうか。
特に若い世代でこのような試みがみられるようです。
就職氷河期と呼ばれる現代ですが、これからは農業に注目です。